MacからYahoo検索を削除する(ウイルス除去ガイド)

  • URLをコピーしました!

ブラウザのホームページや検索クエリがYahoo Search を経由してリダイレクトされている場合、これらのリダイレクトを引き起こすブラウザハイジャッカーがインストールされている可能性があります。

目次

ヤフー検索とは?

Yahoo Searchは正規の検索エンジンですが、ブラウザハイジャッカー(SearchModule, Search Protection, Yahoo Search.Vc, Yahoo SearchProtect)はたくさんあり、ユーザーの検索クエリーをsearch.yahoo.comにリダイレクトさせます。

はっきりさせておきたいのは、Yahoo Searchはブラウザハイジャッカーではなく、決して悪意があるものではないということです。しかし、時折、マルウェアがあなたのウェブブラウザの設定を露骨にいじり、Yahoo Searchが表示されることがあります。サイバー犯罪者はYahoo Searchを利用して、あなたが行う各検索から収益を得ようとしています。

Yahoo Search ブラウザハイジャッカーがコンピュータにインストールされると、一般的な症状として次のようなことが起こります。

  • ブラウザの検索クエリは、https://search.yahoo.comを経由してリダイレクトされます。
  • 悪意のあるブラウザの拡張機能またはプログラムがインストールされている場合

ブラウザがYahoo検索にリダイレクトされるのはなぜですか?

あなたのブラウザがYahoo Searchにリダイレクトされるのは、ブラウザハイジャッカーがあなたのコンピュータにインストールされているためです。多くの場合、この種のプログラムは広告を通じて提供されたり、他のソフトウェアにバンドルされており、ユーザーはこのソフトウェアがどこから来たのか戸惑うことになります。

Yahoo Search ブラウザハイジャッカーを削除し、お使いのコンピュータに他の悪意あるプログラムがないか確認するには、以下の無料のマルウェア除去ガイドをご利用ください。

Yahoo Search ブラウザハイジャッカーを削除する (ウイルス除去ガイド)

このマルウェア除去ガイドは、手順の多さと使用されている多数のプログラムのために、圧倒的に見えるかもしれません。私たちは、誰でも無料でマルウェアを除去するために使用できる、明確で詳細な、そして分かりやすい手順を提供するために、このように書いただけです。

悪意のあるProfileをMacから削除する

プロファイルは、企業のIT管理者がMacの動作を制御するために使用されます。これらのプロファイルは、Macにさまざまなことを設定することができ、中には他の方法では不可能なこともあります。

ホームユーザーに関しては、アドウェアやブラウザハイジャッカーが構成プロファイルを使用して、ユーザーがコンピュータから悪意のあるプログラムを削除するのを防いでいます。これはまた、ユーザーがブラウザの設定でその動作を変更するのを防ぐことにもなります。

この最初のステップでは、構成プロファイルがインストールされているかどうかを確認するために、コンピュータをチェックします。これを行うには、以下の手順に従います。

“システム環境設定 “を開く
アップルメニューから、「システム環境設定」を選択します。

“プロフィール “を検索する
システム環境設定」ウィンドウが開いたら、「プロファイル」アイコンを探します。

プロファイルのアイコンがない場合は、プロファイルがインストールされていないことになりますので、次のステップに進んでください。

悪意のあるプロファイルを削除する
プロファイル]アイコンがある場合は、それをクリックして削除したい怪しいプロファイルを選択し、-(マイナス)ボタンを押します。削除]をクリックすると、プロファイルが削除されます。

Macから悪質なアプリを削除する

この次のステップでは、コンピュータにインストールされている可能性のある悪意のあるアプリやファイルを特定し、削除することを試みます。

“Finder “を開く
ドックにある「Finder」アプリケーションをクリックします。

“アプリケーション “をクリック
Finderの左ペインで、「アプリケーション」をクリックします。

悪意のあるアプリを探し、削除する。
アプリケーション」画面に、お使いのデバイスにインストールされているすべてのアプリのリストが表示されます。悪質なアプリが見つかるまでリストをスクロールし、右クリックして「ゴミ箱に移動」をクリックします。
ダウンロードした覚えのないものや、正規のプログラムとは思えないものなど、このような騒動の背後にある不審なプログラムに注意してください。
以下は、既知の悪質なプログラムです。

TakeFresh, TopResults, FeedBack, ApplicationEvents, GeneralOpen, PowerLog, MessengerNow, ImagePrime, GeneralNetSearch, Reading Cursors, GlobalTechSearch, PDFOnline-express, See Scenic Elf, MatchKnowledge, Easy Speedtest, または WebDiscover.

“ゴミ箱を空にする “をクリック
ドック上のゴミ箱アイコンを右クリックし、「ゴミ箱を空にする」を選択します。そうすると、ゴミ箱の中身が削除され、先ほどゴミ箱に送ったプログラムも削除されます。

不正なファイルのチェックと削除
デスクトップをクリックして、Finderにいることを確認し、「移動」を選択して、「フォルダに移動」をクリックします。


ダウンロードした覚えのないファイルや、正規のプログラムとは思えないファイルなど、このようなドラマの背後にある不審なファイルを探してみてください。以下は、既知の悪質なファイルです。
「com.adobe.fpsaud.plist” “installmac.AppRemoval.plist” “myppes.download.plist” “mykotlerino.ltvbit.plist” または “com.myppes.net-preferences.plist”.悪意のあるファイルを見つけたら、ゴミ箱に移動してください。

  • /Library/LaunchAgents~/Library/LaunchAgents/ライブラリ/アプリケーションサポート/Library/LaunchDaemons


Safari、Chrome、またはFirefoxからYahoo Searchを削除する。

Yahoo Search adware ブラウザ拡張機能にまだ問題がある場合は、ブラウザをリセットしてデフォルトの設定に戻すことも必要です。
コンピュータにインストールされている各ブラウザについて、以下のタブをクリックし、表示される手順に従ってそのブラウザをリセットしてください。

SafariからYahoo Searchブラウザハイジャッカーを削除する。

Yahoo Search ブラウザハイジャッカーをSafariから削除するには、お使いのブラウザに悪質な拡張機能がインストールされていないか、この悪質なプログラムによってどのような設定が変更されたかを確認する必要があります。

Safariの「環境設定」にアクセスします。
メニューバーで「Safari」メニューをクリックし、「環境設定」を選択します。

ホームページを確認する
これにより、Safariの環境設定が表示された新しいウィンドウが開き、「一般」タブが開かれます。ブラウザハイジャッカーの中にはデフォルトのホームページを変更するものもあるので、「ホームページ」フィールドで、スタートアップページとして使用するウェブページであることを確認します。

“拡張機能 “をクリック
次に、「拡張機能」タブをクリックします。

Yahoo Searchを検索してアンインストールします。
拡張機能」画面に、Safariにインストールされているすべての拡張機能の一覧が表示されます。リストをスクロールしてYahoo Search拡張機能を見つけ、「アンインストール」をクリックして削除してください。

悪質な拡張機能は、お使いのコンピュータでは別の名前になっている可能性があります。ダウンロードした覚えのないものや、本物の拡張機能とは思えないものなど、このような騒動の背後にある不審なブラウザ拡張機能を探してみてください。Safariにはデフォルトで拡張機能がインストールされていないため、拡張機能を削除しても安全です。

上記の手順でSafariからYahoo Searchブラウザハイジャッカーを削除できなかった場合、以下の手順を踏むことができます。

Safariのホームページがグレーアウトする場合の対処法ブラウザハイジャッカーやマルウェアによって変更された後、Safariのホームページが動かなくなる(グレーアウトする)場合があります。Safariの環境設定でホームページフィールドを編集することはできますが、変更は反映されません。これはバグと思われ、奇妙な回避策があります。これを試してみてください。

Safariで、Safariメニューから「環境設定」を選択します。

開いたウィンドウで、「一般」アイコンをクリックします(必要な場合)。

ホームページ」の欄に希望のホームページを入力します。ただし、リターンキーを押さないでください。

ウィンドウの上部にある、その他のアイコン(例:タブ、オートフィルなど)をクリックします。

ホームページの変更について確認を求めるプロンプトが表示される場合があります。その場合は、確認してください。

一般ページに戻り、トップページが変更されていることを確認します。

Safariの環境設定ファイルを削除し、悪意のある変更を削除します。悪意のあるプログラムの中には、Safariのホームページや検索エンジンの設定を行うために管理されたプリファレンスをインストールするものがあることが知られています。上記の方法で悪意のあるリダイレクトを取り除けない場合、Safariの環境設定を削除する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。

Safariを終了する

デスクトップをクリックしてFinderにいることを確認し、「移動」を選択し、「フォルダへ移動」をクリックします。

開いたウィンドウに次のパスを入力するか、コピー&ペーストして、[Go]をクリックします:~/Library/Preferences/com.apple.Safari.plist

ファイルが見つかった場合は削除し、Safariを再度開きます。

Google ChromeからYahoo Searchブラウザハイジャッカーを削除する。

ChromeからYahoo Searchブラウザハイジャッカーを削除するには、ブラウザの設定をデフォルトにリセットする必要があります。ブラウザの設定をリセットすることで、他のプログラムをインストールすることによって引き起こされた不要な変更がリセットされます。しかし、保存されたブックマークやパスワードは消去されたり変更されたりしません。

右上の3つの点をクリックし、「設定」をクリックします。
Chromeの右上にある3つの点で表されたメインメニューボタンをクリックします。次に、下図の矢印で示した「設定」と書かれたメニューオプションをクリックすると、基本設定画面が表示されます。

一番下にある「詳細設定」をクリックします。
Chromeの「設定」が、お使いの設定に応じて新しいタブまたはウィンドウに表示されるはずです。次に、ページの一番下までスクロールし、「詳細設定」リンクをクリックします(以下の例に見られるように)。

リセット」の項目で、「リセット」をクリックします。
Chromeの詳細設定が表示されているはずです。下の例のように、「リセットとクリーンアップ」の項目が表示されるまで下にスクロールしてください。次に、「設定を元のデフォルトに戻す」ボタンをクリックします。

リセット “をクリックして確認します。
確認ダイアログが表示され、リセット処理を続行するとデフォルトの状態に復元されるコンポーネントの詳細が表示されるはずです。設定のリセット」ボタンをクリックすると、設定が復元されます。

上記の手順でChromeからYahoo Searchブラウザハイジャッカーを削除できなかった場合、以下の手順を踏むことができます。

マルウェアによって作成された不要なポリシーをChromeから削除する多くの場合、Chrome の変更は単純なブラウザのリセットでは直らない場合があります。そのような場合、悪意のあるプログラムがブラウザに不要なポリシーを作成している可能性が非常に高いです。
URLバーにchrome://policyと入力することで、ブラウザに不要なポリシーが読み込まれているかどうかを確認することができます。
これらのポリシーをリセットするには、次の手順に従います。

新しいターミナルウィンドウを開く。これを行うには、Finder > Go > Utilities > Terminalと進みます。

以下のコマンドを入力し、各行の後にEnterキーを押します。

defaults write com.google.Chrome HomepageIsNewTabPage -bool false

defaults write com.google.Chrome NewTabPageLocation -string “https://www.google.com/”

defaults write com.google.Chrome HomepageLocation -string “https://www.google.com/”

defaults delete com.google.Chrome DefaultSearchProviderSearchURL

defaults 削除 com.google.Chrome DefaultSearchProviderNewTabURL

defaults 削除 com.google.Chrome DefaultSearchProviderName

defaults 削除 com.google.Chrome ExtensionInstallSources

これらのコマンドを実行した後、Chrome を終了していない場合は終了し、再度起動してchrome://policyを確認し、同じキーがまだ存在するかどうかを確認します(変更を表示するには、「ポリシーを再読み込み」ボタンをクリックする必要がある場合があります)。
もし消えていれば、Chromeの設定で検索エンジンとホームページを好みのデフォルトに戻すことができるはずです。

Chromeから「組織によって管理されている」ポリシーを削除する一部の悪意のあるプログラムは、Chromeのホームページや検索エンジンの設定を行うための管理されたプリファレンスをインストールすることが知られています。これらを確認するには、以下のようにします。

クロームを終了する

デスクトップをクリックしてFinderにいることを確認し、「移動」を選択し、「フォルダへ移動」をクリックします。

開いたウィンドウに次のパスを入力するか、コピー&ペーストして、[Go]をクリックします。/ライブラリー/管理された環境設定

開いたウィンドウに以下のパスを貼り付け、[Go]をクリックします。
次のファイルを探します。[username]はあなたのユーザー名です。

  • com.google.Chrome.plist(コムグル・クローム・プリスト
  • [ユーザー名]/com.google.Chrome.plist
  • [ユーザー名]/complete.plist
これらのファイルは正規のものである可能性がありますので、TextEditでこれらのファイルを開き、問題のあるサイトへのリンクが含まれているかどうかを確認してください。リンクがある場合は削除し、Chromeを再起動してください。

コンピュータからGoogle Chromeをアンインストールする上記の方法で悪意のあるリダイレクトを削除できなかった場合、Chromeとすべてのデータを完全に削除してからブラウザを再インストールする方が簡単です。
これを行うには、メニューバーから[Finder]アイコンをクリックします。移動」を選択し、「フォルダへ移動」をクリックして、開いたウィンドウに以下のパスのいずれかを貼り付けます。
以下の項目をすべて削除する必要がありますが、これを行う前に、ブックマークなど、インストールしたすべてのGoogleアプリのデータが削除されるため、これらをエクスポートする必要があることに注意してください。

  • /Applications/Chrome.app。/Library/Application Support/Google//Library/Google/~/Library/Application Support/Google/~/ライブラリ/Google/~/Library/Preferences/com.google.Chrome.plist
注:”~”は、最近のバージョンのmacOSでは見えないことが多い、現在のユーザーのライブラリであることを示しています。これを表示するには、Optionキー(Altと表記されることもあります)を押しながら、Finderの移動メニューから「ライブラリ」を選択する必要があります。上記のファイルをすべて削除した後、端末を再起動します。Google Chromeをダウンロードし、端末に再インストールします。エクスポートしたブックマークやその他のデータをインポートする必要があり、使用している他のGoogleアプリを再インストールする必要がある場合もあります。

FirefoxからYahoo Searchブラウザハイジャッカーを削除する。

FirefoxからYahoo Searchブラウザハイジャッカーを削除するために、我々はブラウザの設定をデフォルトにリセットします。リセット機能は、ブックマーク、パスワード、ウェブフォームの自動入力情報、閲覧履歴、開いているタブなどの重要な情報を保存しながら、Firefoxを工場出荷時のデフォルト状態に戻すことで多くの問題を解決するものです。

ヘルプ」メニューに進む。
Firefoxのメインメニューボタン(3本の横線で表示されている)をクリックします。ドロップダウンメニューが表示されたら、「ヘルプ」と書かれたオプションを選択します。

トラブルシューティング情報」をクリックする。
ヘルプメニューから、「トラブルシューティング情報」をクリックする。ヘルプ」メニューにアクセスできない場合は、アドレスバーに「about:support」と入力すると、トラブルシューティングの情報ページが表示されます。

“Firefoxを更新 “をクリック
トラブルシューティング情報」ページの右上にある「Firefoxを更新する」ボタンをクリックします。

確認する。
続けて、新しく開いた確認画面で「Firefoxを更新する」ボタンをクリックします。

完了」をクリックします。
Firefoxは自動的に終了し、デフォルトの設定に戻ります。完了すると、インポートした情報を一覧表示するウィンドウが表示されます。完了」をクリックします。

古いFirefoxのプロファイルは、デスクトップ上の「Old Firefox Data」という名前のフォルダに置かれます。リセットしても問題が解決しない場合は、作成された新しいプロファイルにファイルをコピーすることで、保存されていない情報の一部を復元することができます。このフォルダが不要になった場合は、機密情報が含まれているため、削除してください。

これであなたのコンピュータはYahoo Search ブラウザハイジャッカーから解放されたはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次